漢識別していきます。

【ゲーム革命】steam deckを漢識別してみる【UMPC】

目次

漢識別:Steam Deckをまず購入してみる

Steam Deckは、Valve Corporationが開発した携帯型ゲーム機で、2022年12月に発売されました。
このデバイスは持ち運び可能なゲーム機でありながら、パワフルなパフォーマンスを提供し、Steamプラットフォーム上のゲームをプレイすることができます。

Steam Deckの特徴

高性能なプロセッサとGPU

Steam Deckは、AMD社の最新のAPU(加速処理装置)を搭載しておりPC版のゲームを快適にプレイできるパフォーマンスを提供します。

大画面と高解像度

7インチの液晶ディスプレイは、1280×800の解像度を持ち、鮮明な映像でゲームを楽しめます

コントローラーの改善

Steam Deckは、ゲームパッドに似た形状をしており、ABXYボタンやトリガーボタン、ジョイスティックを搭載しています。さらに、ジャイロセンサー機能も搭載されているため、直感的な操作が可能です。

SteamOSと互換性

Steam Deckは、Valve社が開発したLinuxベースのSteamOSを搭載しており、Steamプラットフォーム上のゲームをすぐにプレイできます。また、Windows OSもインストール可能で、さらなる拡張性を持ちます。

外部ディスプレイへの出力

専用のドックを使って、Steam Deckをテレビやモニターに接続できます。これにより、大画面でのゲーム体験も可能になります。

Steam Deckの魅力

豊富なゲームラインナップ

Steam Deckは、Steamプラットフォームにある数千ものゲームを持ち運び可能な形で楽しむことができます。これによって、携帯型ゲーム機のラインナップの幅が大幅に広がります。

クラウドセーブ機能

Steam Deckは、クラウドセーブ機能を利用できるため、デスクトップPCとのゲームデータの同期が容易になります。すなわち、外出先でのゲームプレイの続きを自宅のPCで楽しむことができます

コミュニティ機能

Steamプラットフォームのコミュニティ機能を活用することで、フレンドとのチャットやゲームの共有が可能です。また、Modやワークショップにもアクセスできるため、ゲームをより楽しむことができます。

カスタマイズ性

Steam Deckは、オープンなプラットフォームであるため、ユーザーが好みに合わせてカスタマイズすることができます。例えば、Windows OSをインストールすることで、他のゲームプラットフォームやアプリケーションも利用可能になります。

比較識別:他のUMPCと比較してみる

Steam Deckは、Valve社が開発した携帯型ゲームPCで、PCゲームを持ち運び可能な形で楽しむことができます。
しかし、市場には他にも多くのUMPC(Ultra-Mobile Personal Computer)が存在します。今回は、Steam Deckと他のUMPCを比較していきます。

Steam Deck

  • 価格: $399 (64GB eMMC)、$529 (256GB NVMe SSD)、$649 (512GB NVMe SSD)
  • プロセッサ: AMD APU (Zen 2 + RDNA 2)
  • GPU: AMD Radeon RDNA 2
  • メモリ: 16ギガバイト
  • ストレージ: 64GB eMMC / 256GB NVMe SSD / 512GB NVMe SSD
  • ディスプレイ: 7インチ 1280×800

Steam Deckの大きな特徴は、Steamプラットフォームとの連携が容易であることです。
これにより、豊富なゲームラインナップを手軽に楽しむことができます。また、価格も比較的リーズナブルで、多くのユーザーにアクセスしやすいと言えます。

GPD WIN3

  • プロセッサ: Intel Core i5-1135G7 (4コア/8スレッド) または Intel Core i7-1165G7 (4コア/8スレッド)
  • GPU: インテルアイリスXeグラフィックス
  • メモリ: 16ギガバイトのLPDDR4X – 4266
  • ストレージ: 1TB NVMe SSD
  • ディスプレイ: 5.5インチ 1280×720 IPSタッチスクリーン
  • キーボード: スライド式ゲームパッド
  • バッテリー: 約5-6時間のゲームプレイ
  • コネクティビティ: Wi-Fi 6, Bluetooth 5.0
  • 重量: 約560g
  • OS: ウィンドウズ 10 ホーム

GPD WIN3は、高性能なIntel Core i7プロセッサとIris Xe Graphicsを搭載しており、多くのゲームを快適にプレイできます。しかし、Steam Deckと比較すると、価格が高く、ディスプレイサイズが小さいことがデメリットとなります。

OneGx1 Pro

  • プロセッサ: Intel Core i7-1160G7 (4コア/8スレッド)
  • GPU: インテルアイリスXeグラフィックス
  • メモリ: 16ギガバイトのLPDDR4X – 4266
  • ストレージ: 512GB PCIe NVMe SSD
  • ディスプレイ: 7インチ 1920×1200 IPSタッチスクリーン
  • キーボード: バックライト付きQWERTYキーボード
  • バッテリー: 約6時間のゲームプレイ
  • コネクティビティ: Wi-Fi 6, Bluetooth 5.1
  • 重量: 約623g
  • OS: ウィンドウズ 10 ホーム

OneGx1 Proは、高解像度の7インチディスプレイと高性能なプロセッサを搭載しています。
このため、美しいグラフィックでゲームを楽しむことができますが、価格がやや高いことがデメリットとなります。

AYA NEO 2021

  • プロセッサ: AMD Ryzen 5 4500U (6コア/6スレッド)
  • GPU: AMD Radeon グラフィックス
  • メモリ: 16ギガバイトのLPDDR4X – 4266
  • ストレージ: 1TB NVMe SSD
  • ディスプレイ: 7インチ 1280×800 IPSタッチスクリーン
  • バッテリー: 47Wh(約6時間のゲームプレイ)
  • コネクティビティ: Wi-Fi 6, Bluetooth 5.0
  • 重量: 約650g
  • OS: ウィンドウズ 10 ホーム

AYA NEO 2021の価格は、一般的には$869〜$999の範囲です。ただし、国や地域によって価格が異なる場合がありますので、購入時には最新の情報を確認してください。

識別結果:UMPCの中で一番ファンの音が気にならなかった!

漢は、過去にGPD WIN3とGPD WINMAXを購入したことがあるのですがファンの音がどうしても気になってしまいました

調べてみるとwindowsは起動しているだけで色々なシステム?が走っているらしく、重くなりがちになってしまう。

その為、ゲームをすると、どうしてもファンが回ってしまう…と。

steam deckはLinuxベースのSteamOSの為、ファンの音が静か

というのが、今回Steam Deckを漢識別した一番の結果になります。

steam deckでもwindowsを起動すると、かなりファンの音が気になってしまうので注意が必要です

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次